生前贈与


生前贈与とは、被相続人が死亡する前に自分の財産を人に分け与える行為のことです。
個人の財産は、基本的に各個人の意思により自由に処分できますので、誰に財産を分け与えたいのか、
またどれくらいの財産を譲りたいのかをご自身で決めることができます。

また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるという目的のために利用されることがあります。

ただし、相続税の代わりに税率が高い「贈与税」という税金がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行う必要があります。

特例の代表的なものとして、相続時精算課税制度や贈与税の配偶者控除、住宅取得資金等の特例、教育資金の一括贈与の非課税など様々なものがあります。贈与を考えられるのであれば、専門家にぜひ一度ご相談ください。

こんな方からご依頼いただいています


・生前に自分の意思で財産を譲りたいと思っている
・どのように財産を贈与したらいいか相談をしたい
・奥様に財産を贈与(夫婦間贈与)したいと考えている
・相続時精算課税制度を利用したい
・一番相続税や贈与税がかからない方法を知りたい
・孫に教育資金を贈与したい

など、理由はいろいろありますが、多くの方々の生前贈与のご相談をお受けしております。


サービス内容


生前贈与など相続に関するご相談に関しては、まずは状況をしっかりとお伺いさせていただきます。
実際の対策にあたっては、相続人や財産の内容などの全体像を把握した上で、個々に状況に応じたご提案をさせていただきます。

当事務所は税理士と司法書士の総合事務所なので、贈与に関する税金のご相談と共に、
贈与に関する各種手続き(贈与税の申告、贈与契約書の作成等)も同時にご依頼いただけます。

どうぞお気軽にお問合せください。


料金


3万円~

※初回のご相談(60分)は無料です。

どのようなご相談でもかまいません。ご依頼者にとって最善の策をご提案します。076-254-0301【受付時間】9:00-21:00(平日)

当事務所に関する詳しい内容はこちら


事務所のご紹介


代表挨拶


プライバシーポリシー

品質向上に向けた取り組み


よくあるご質問


お問合せ

eyecatch_1.png