相続対策


相続対策は、節税対策・もめない対策・財源(納税)対策の3つの柱を中心に行います。

節税対策


節税対策は、「贈与を活用すること」と「財産評価を下げること」の大きくわけて2つあります。

贈与を活用する場合
贈与税は1年間にいくら贈与したかによって税額が決まってきますので、
低い金額の贈与を長期にわたって行えば、一度に多額の贈与をするよりも税額負担を抑えることができます。

また、「財産評価を下げる方法」には、
更地にアパートを建てることで「貸家建付地」にしたり、
小規模宅地等の特例を適用できるように工夫して評価額を下げる方法などが基本的な一例です。

勿論、節税対策自体はこれらに限るものではなく、実際には様々なシミュレーションを踏まえた上で個別に対策を選択していくこととなります。


もめない対策


相続問題では少なからずいざこざが発生しますので、「相続争い」を防ぐというのも、重要な相続対策になります。

相続で揉めてしまい、親族間の関係性が悪くなってしまったというケースも少なくありません。
この様な場合には、例えば遺言書を作成し、相続に対するご自身の意思をはっきりさせておくことで、相続争いはある程度防ぐことができます。

また、財産のうち不動産など容易に分割できない資産の割合が大きい場合には、
事前に換金化しておくなど財産を分けやすくしておくということも重要なことです。


財源対策(納税資金の確保)


財源対策(納税資金の確保)も重要な相続対策の一つです。
節税対策ばかりに気をとられ、肝心の相続税を納付する資金がないと意味がありません。

多額の現預金を残せる場合であれば問題ありませんが、
そうでない場合には「生命保険に加入する」「死亡退職金を使う」といった財源対策をしておくことが重要です。

また、どうしても現金で一括納付ができない場合には、延納や物納の検討も必要となります。

相続対策は、事前に早い段階から実施することで、その対策の幅は広がります。
逆にいうと、直前や相続が発生してからでは、対策できることが限られてしまいます。

相続に関して少しでも心配のある方は、一日も早くご相談ください。

当事務所は税理士と司法書士の総合事務所なので、相続税対策のご相談と同時に、
遺言書作成や登記手続きなどの相続手続きのご依頼も可能です。
一度ご相談いただければその後の手続きまでタイムリーに行う事ができる点は、当事務所の相続部門の大きな強みです。

どうぞお気軽にお問い合わせください。


サービス内容


相続対策に関するご相談に関しては、まずは状況をしっかりとお伺いさせていただきます。

実際の対策にあたっては、相続人や財産の内容などの全体像を把握した上で、
個々に状況に応じて最適な方法をご提案させていただきます。


料金


別途見積り

※対策により料金が異なります。
※初回のご相談(60分)は無料です。

どのようなご相談でもかまいません。ご依頼者にとって最善の策をご提案します。076-254-0301【受付時間】9:00-21:00(平日)

当事務所に関する詳しい内容はこちら


事務所のご紹介


代表挨拶


プライバシーポリシー

品質向上に向けた取り組み


よくあるご質問


お問合せ

eyecatch_1.png